August 10, 2019

 ドローンによる予防がいよいよ佳境に入った。毎日この作業を行って約50haをこなしてきた。36℃の中での作業は40℃を超える体感温度になっている。動噴ではとてもこの面積はこなせなかったと思う。すでに新規の来年度の依頼が2件ほど増えている。地元の農家の皆さんの手助けになるのなら出来る範囲で受けようとは思うが時間の問題も有り急速には難しいと思う。いずれにせよ新しい農業の取り組みは少しづつでも変えていくのが当社の方針であるので次の試みも考えなくてはいけない。幸い、若い二人が一生懸命にこのドローンを含め日々の作業に取り組んでいるのでこれから...

July 30, 2019

 ようやく梅雨が明け、稲穂も勢ぞろいする中いよいよ農薬散布の作業が始まった。若いチームリーダーのitou

君と昨年入社したkouno君の息の合った二人に師匠のoosedoさんがお目付け役でついてドローンを飛行させる。さすがに初めて飛ばした昨年よりは数段に腕が上がり気持ち良さそうにドローンは空を舞う。通常の動噴での噴霧に比べると5倍はスピードアップする作業時間に、この機械を取り入れてほんとに良かったと思う。自社の圃場の散布もそうだが、何より地元の農家の方々のお助けにも十分役立っている。年齢的にもきついなかでこの暑さに対処しながらの動噴で...

July 22, 2019

 梅雨だから仕方ないが、田んぼも畑も水浸しで何の作業も出来ない。水を見て回るだけだ。その間をついてクボタのkimuraさんが「良かったら凄いハウス栽培をやってるところがあるんで、見に行きませんか?」って、先週の話だった。いつもうちの農業運営に気を使ってくれて沢山のアイデアをくれるkimuraさんの話だから「よし!行こう!」

 それが今日になった。ここ吉田は広島市内から車で1時間。我々は7人で3台の軽トラでここ吉田からさらに島根県方向に1時間半走ってとんでもない山間部に入った。いわば私の生まれた宮崎県椎葉村の山中と何ら変わりのない、おそ...

July 14, 2019

 水路は田んぼに水を入水、そして排水する意味において命綱となる。もっとも我が地域の場合、入水は地下にパイプラインが通っているので取水の場合は問題は無い。いずれにせよ水路は地域全体で守るもの。3月から現在まで日曜度にあっちこっちの水路清掃のために駆り出される。当社も若い社員達と交代で参加しているが今日は3人で参加した。清掃が進むうち一人が「うわぁ!」と叫ぶ。何事かと近づくと足長バチの大群が空を舞っていた。近くの人達は揃って逃げた。若い社員は大事には至らなかったが2ヶ所刺されていた。消毒の応急処置をして再開する。すると今度は「うおぉ!」...

July 10, 2019

 ファーム安芸高田は主体はコメをメインにしている農業法人だが、将来の多様化を想定して白ネギや原木椎茸の栽培にも取り組んでいる。実質的にはtouさんがそれを担っているのが現状だ。したがって、touさんのアイデアで皆が行動する。よく勉強しているので安心と信頼のもとに写真のように農作業が着々と進んでいる。このまま推移すれば白ネギを始めて過去最高の成績を収めることが出来そうな雰囲気である。touさんの性格が明るく、ユーモラスで時には厳しいところもあり職員皆に慕われている。今日は畑の雑草を取り除き土寄せと言う作業を行っている。熱い中大変な作業...

July 4, 2019

 出穂が近づいている状況でtsurui先生とtenma先生が我がホームグラウンドに立ち寄ってくれた。学ぶことが沢山ある中で職員は質問をしながら必死に知識を吸収している。先月からの分結の状態,稲の成長から計る葉緑素の状態、そしてこれから気温、天候から予測される対処の仕方。場合によっては手間がかかるが追肥の必要性も教わった。いつも思うが先生の知識と説得力には頭が下がる。凄い方と身近になったものだ。

 さて、現状は順調に推移しているとのこと。ただ、今年の気候はかなり気温が高いので十分注意を要することも伺った。山口県、鳥取県、四国など各地も似...

July 2, 2019

 草刈りの合間に時間が少し空いたので「はぁ~い!道具を大切にしましょう!お手入れをしましょう!」と声を掛けたら案の定ブツブツ言いながら、そそくさに道具を掃除し始めた。だって、これも結構なお値段するんですよ!大切に使わないとすぐ故障して修理と言うことになればまたお金がかかりますけんね!泥と草がはり付いた草刈り機は確かに掃除が面倒ですが、マメに手入れしておけばエンジンはかかりやすいし、モーターに負荷がかかりにくいし、次の作業の時快適ですからね!  若者もおじいもしょうがなしにもくもくと手入れを始めたが、明らかに顔は「たいぎ~!(めんどく...

June 26, 2019

 毎日、毎日 草ばっかり刈ってるとさすがに飽きが来る。そこで待ってましたとばかりに年の若い我が親友、kimuraさんの登場である。彼は農機のメーカーの営業マンで何しろ賢く、よく動く。4月、5月となると田靴を履いて軽トラで北に南に飛んで回る。これは我々農業者には涙が出るほどありがたい。そんな彼が年に4,5回チラシを配りに来るのがこのフェアーだ。地元の支店で行うので近いし、当然行く!職員皆で「うどん」を食べに!!

 見慣れた機械、新型の機械、やはり見て回ると楽しい。高いから買わないけれど、それでも説明を聞く職員。いや!今は無理!と目で合図...

June 19, 2019

 本格的に草刈りが始まった。田の水管理と白ネギの土寄せと並行してほぼ毎日、この作業に追われる。これから日差しがきつくなっていく中で若い者は大丈夫だろうが、何せ年寄りが中心のグループだから気を使う。「無理せんでええよ、kondouさん!」と時より声をかけるが、「わしゃ~、この程度じゃどうもないで!」と強気の返答がかえってくる。んな事はわかったうえで声掛けしているのだが、内心、ひっくり返ったらどうしよ~!と心配もする日々が続いている。もう少し気温が上がる時期になったら、強制で休ませよっと!

 草刈り・・・ファーム安芸高田の管理面積から考え...

June 12, 2019

 朝のミーティング 「今日の草刈りは〇〇地区を全員でやりましょう!」と言うと、touさんが「出来れば早いうちに白ネギの土寄せをさせてもらいたいな!」すかさずoosedoさんが「そうじゃの!そちらが優先じゃわい!」リーダーのitou君が「僕もその方が段取りがいいと思います!」・・・・・皆、異議なし‼と言うことで急遽、白ネギの土寄せ作業になった。

 真夏でもないこの時期にお日様は暑い日差しを頭上にギラギラと照りつかせ、否が応でも我々の体力を奪っていく。1時間おきに休憩をしながら皆でコツコツとネギの根元に土をかぶせ、ようやくネギが安定した。...

Please reload

August 10, 2019

July 10, 2019

July 4, 2019

July 2, 2019

June 19, 2019

Please reload

最近の記事
過去の記事
Please reload