July 27, 2016

 この夏は、けっこう気温が高く稲の発育が早いようで、防除の依頼が多い。自社の20haに加えて

更に地元から20haの注文で40haをこなすことになった。無理もない、気温が上がると病害虫が増える

から農家はあせる。自社の品質向上はもとより地元にもある程度協力できることはやっていかなければ!

職員には負担をかけるが、酷暑の中、防除,草刈り,白ネギ,ミニトマトとしっかりと応戦してもらっている。

お日様はカンカンと照っているが、事務所に帰る職員はまるでどしゃ降りの雨にあったかのような様相で

作業着がビショビショに濡れている。まぁ、ひと夏を越せば実りの...

July 20, 2016

 暑い!群馬の方では38℃だと、ラジオは騒いどる。ここも負けてない。今朝の事務所の温度計は

さっさと30℃を跨いでいた。「さあ、今日は防除だ!」と茄子さんが言った。師匠と茄子さんと僕の

3人は500ℓのタンク3つに薬液を入れて出発した。田んぼに着くと、自然に役割が決まる。師匠は

ホースの伸縮をコントロールするリモコン係り、茄子さんは気楽なホース持ち、ほ~ら、やっぱり僕が

先頭で散布する係りになった。(T_T) 田んぼのあぜに沿って、行きはショートで液を飛ばして、帰りは

ロングで田んぼの中央に向けて飛ばす。ひとつの田んぼで2往復。何せ、うだるよ...

July 13, 2016

 稲の分結が20~25株と言うところで中干しに入り、田にヒビも入ったので、しばらく流し水を行ってしめり

を持たせていたが、tennma先生の助言もあって、これから本格的に水を溜めてしっかりと苗の成長を促進させる。

もう、30株は超えているので何とかアクションプランに沿った管理は出来ていると思う。今月の末くらいには

出穂となるだろうから、次は防除を行う。結構、近所の農家からも依頼があるのでまた忙しくなっていく。盆の

前後までは走り回るんだろうなぁ!‥…考えてみれば、8月末からは稲刈りだから当然っちゃ~当然だナ!引き続き

水管理には神経をとがらせ...

July 6, 2016

 稲の発育確認と、今後のアクションプランの説明会を圃場で進めていた。我らが神!tsurui先生とtenma先生にはほんとに感謝している。この広いファームの圃場をくまなく観察して、ひとつひとつの状態を細かく教えて下さる。圃場の状態だけではない。気温の変化、天候の見通し、発生する病害虫の予測と対応。なるほど、一言、一言が理論に裏打ちされていて、ありがたい。勿論、それを身に着けて我々が実践していかないと、昨年の二の舞になる。我らファームのメンバーは現在3班に分かれて毎日朝のスタートは持ち場の圃場の水管理と、パトロールを行っている。それを、...

Please reload

August 10, 2019

July 10, 2019

July 4, 2019

July 2, 2019

June 19, 2019

Please reload

最近の記事
過去の記事
Please reload