農の学び

July 4, 2019

 出穂が近づいている状況でtsurui先生とtenma先生が我がホームグラウンドに立ち寄ってくれた。学ぶことが沢山ある中で職員は質問をしながら必死に知識を吸収している。先月からの分結の状態,稲の成長から計る葉緑素の状態、そしてこれから気温、天候から予測される対処の仕方。場合によっては手間がかかるが追肥の必要性も教わった。いつも思うが先生の知識と説得力には頭が下がる。凄い方と身近になったものだ。

 さて、現状は順調に推移しているとのこと。ただ、今年の気候はかなり気温が高いので十分注意を要することも伺った。山口県、鳥取県、四国など各地も似たような状況であるそうだ。籾の総重量は確実に増えるだろうがくず米も増えるだろうとのこと。我々は、努力を重ねて極力くず米の比率を落とすことに専念しなければいけないと思う。しっかり管理をしてファーム安芸高田の企業価値を上げたいと思う。帰りに先生が「良いチームになりましたね、そして若者が成長しましたね!」とおっしゃった言葉にとてもうれしく思った。そうだ、次回は白ネギも見てもらおう!

 

 

 

Please reload

Recent Posts

August 10, 2019

Please reload

Archive
Please reload